千葉で葬儀を行う予定です。日取りの決め方の常識はありますか?

亡くなられた方の葬儀は、千葉であってもなくても一般的な日取りが決まっています。

ただし例外もあるので事情を考慮して決めましょう。

■通夜と葬儀の一般的な取り決めとは。

基本的な葬儀の日取りの決め方は、亡くなられたその日に通夜を行ない、翌日には葬儀・告別式など一連のスケジュールを実施していくのが普通です。

千葉であってもなくても、現在ではこのような日取りが一般化しているので覚えておきましょう。

そのうえで、必ずしもそうではない例外もあります。

たとえば葬儀に参列してくれる会葬者の日程があわなかったり、遠方からの会葬者が多数を占めたりする場合です。

■会葬者の都合や居住地なども考慮して。

葬儀の日程調整は、遺族や親族の都合が付けばそれで良いというものではありません。

そこのところを考慮し、日程や会場の規模、また葬儀場の場所などを決める必要があります。

入院が長く、ある程度の予測がつく場合には、事前に会葬者のリストアップや会場選び・葬儀社選びを先行させておきましょう。

葬儀社に打診しておけば、そのときになって慌てる必要がなくなります。

◎事前に葬儀の日程やプランなど検討する場合、博全社なら24時間365日いつでも電話で相談することができます。

■葬儀・葬儀社にも繁忙期というものがあります。忙しい時期は会場の手配・融通がつきにくいこともあり得ます。

千葉でも一部の地域では、葬儀や告別式を近隣の住人が手分けしてすすめるといった風習が残るところもあります。

そのような場合は、ご遺族や近隣住民みなさんの意思を尊重して日取りを決めましょう。

ご遺体の安置などは葬儀社に相談すれば大丈夫です。

繁忙期には早めの手配が必要です。