核家族化と少子高齢化で葬儀も小規模化。千葉県でも家族葬のニーズが増えています。

葬儀は生前に親しくしてもらった知人・友人、ご近所さん、勤務先やサークル仲間など、できるだけ多くの人に参列してもらいたいと思う遺族がいる一方で、そうではない小規模な葬儀がニーズを伸ばしています。

東京・神奈川、千葉・埼玉の首都圏ではとくに顕著です。

※中見出し1 増えつづける小規模な家族葬のニーズ。

この5年で5%-10%増。

全国平均でみると家族葬など、小規模化した葬儀を選ぶ家族の数は、この5年間だけでも5%以上増えて、今後もその流れは止まりそうにないという見通しのデータがあります。

東京、千葉、埼玉などの首都圏に限ってみると、その比率はさらに高まり、10%台に達しそうな勢いがあります。

地方においては子どもが独立して都会に出た結果、葬儀も小さなスケールに。

首都圏では、独居や二人暮らしの高齢者世帯が増えて、葬儀は家族葬にならざるを得ないといったところです。

千葉県での葬儀なら【博全社】に相談してみるのもいいかと思います。

※中見出し2 少子高齢化で葬儀は年々小規模化していまや5人・10人単位。

その昔は、結婚式と葬儀は一大セレモニーでした。

ところが結婚式は「ナシ婚」などが台頭し、葬儀はひっそりと「家族葬」というのが当たり前になりつつあります。

首都圏大都市の東京に限らず、千葉の浦安や佐倉、君津などでも、葬儀は小さくなりつつあります。

千葉県内に本拠地を置くある葬儀社のセレモニー事業部では、小規模化の流れに対応して5人・10人の葬儀用に新しいプランを発表し、総額20万円以内での葬儀を宣伝しています。

葬儀に数百万円をかける時代は過去のものとなったのでしょうか。

※まとめ見出し 葬儀社は時代的戦略として、たとえ小規模でも「質の高い個性的な葬儀の演出」で収益向上をはかっています。

葬儀には地域色がつきものでしたが、首都圏を構成する千葉でさえ地域色の薄い、標準的な葬儀になっています。

小規模化・平準化すれば、葬儀社としての収益は落ちる一方です。

そこで千葉だけではなく全国的に、故人の生前のライフスタイルや趣味・仕事などをヒントに、プロの管弦楽メンバーや声優、カメラマンなどを招いた個性的な葬儀の提案で満足度の向上・収益のアップに努めているというのが実情です。