契約時の説明とは違うサービスがいくつも出てくる葬儀の請求書。

葬儀社によって異なる見積書の書式は、説明を聞いても曖昧のままやり過ごしてしまいます。

そのうえ葬儀を依頼したときには聞いてもいなかった細目がいくつも付加されている請求書なんて、あってはならない事態が日常茶飯事になっています。

予算には幅をもたせて「それ以上は拠出できない」と念押し。

千葉県に住む私の義姉は、私のアドバイスに従ってネットで平均価格(葬儀代の相場)をあらかじめ割り出しておき、プラス10万円以内を上限に葬儀社の担当者と交渉しました。

結果は相場のプラス8万円で収まったそうです。

葬儀社の営業マンにもノルマや実績の上乗せが必要ですから、「それなりの手柄」を事前に用意してあげるという作戦です。

毅然とした態度で、しかし予算に幅をもたせておくとそれ以内で収めてくれるものです。

いい気分ではありませんが、「下駄の用意」という交渉術の1つです。

「追加料金一切なし」の一行を但し書に添えてもらう。

葬儀社との交渉の際には、忘れてはならないもう1つの念押しが必要です。

「上限額を超えた場合は、超過した金額の一切の支払いに応じない」という但し書きを、担当者本人の直筆でサインし印鑑を押してもらうことです。

本来、契約書とは「双方の合意」ですから、依頼者からの要望に対し、葬儀社側がそうしたサインに応じるのは当然の義務です。

一方的な条件出し(サービス)に応じる必要はなく、そのまま受け入れる必要もありません。

意思表示をはっきりする。

葬儀内容や金額の交渉とはいえ最初が肝心です。

突然の出来事で門外漢とはいえ、葬儀社の言いなりにならなかったことが、千葉の義姉の成功例につながっています。

これは千葉県の葬儀社の例に限らず、どこにでもある一般的な葬儀社のスタンスです。

「わからない、急場」をいいことに、10%~20%の利益をタダで上乗せしている葬儀社が普通と考え、対策を講じましょう。